HOME > ブログ > 肥満体験記

ブログ

< 効率のいいダイエットで肥満解消  |  一覧へ戻る  |  肥満体験記2 >

肥満体験記

みなさんこんにちは。今日は私中村の肥満体験談をお話しします。今から21年前のことです。私は身長172cmです。当時の体重が85㎏、ウエスト105cm。
でも今思うと不思議ですが肥満という概念は全くありませんでした。人よりちょっとだけ太ってる程度でした。仕事もバリバリ、食欲旺盛。
毎日楽しく送っていました。そんなある日妻から衝撃の一言を言われました。あなたは睡眠時無呼吸症候群で間違いないと。

妻が私にそう告げる一週間前NHKの番組で睡眠時無呼吸症候群についての特集があったそうです。今でこそ皆さんが知っている病名ですが当時はまだまだ知られていませんでした。番組を見た妻が、ある日私が眠った後私のそばで睡眠時の様子を観察してくれました。まさに放送された内容と全く同じ状況だったそうです。いびきがひどく、しかし突然静かになったかと思うと全く呼吸をしていない状況がひどいときは30秒手度も続いたそうです。
番組では、睡眠時無呼吸症候群が続くと、脳に必要な酸素が足りなくなって、脳梗塞や心筋梗塞さらに認知症など様々な病気をもたらすとても危険な状況だと
知りました。

番組で紹介したのが日本医科大学の先生だったそうです。検査入院も受け付けているということで、連絡先も妻が書き留めてくれていました。そこで早速電話をしました。

ところがなんと検査入院できるまで半年待ちということでした。びっくりしました。番組を見た人たちの申し込みが殺到したようです。

続きはまた明日。

< 効率のいいダイエットで肥満解消  |  一覧へ戻る  |  肥満体験記2 >

このページのトップへ