HOME > ブログ > ダイエットとしての糖質制限まとめ3

ブログ

< ダイエットとしての糖質制限まとめ2  |  一覧へ戻る  |  ダイエット中の飲み物は? >

ダイエットとしての糖質制限まとめ3

改めて、糖質制限とは何でしょうか?ハイ!ごはんをやめることです!いいえ答えはノーです。

炭水化物=糖質+食物繊維

ごはんは炭水化物です。炭水化物は糖質と食物繊維でできています。つまり糖質制限とは炭水化物を抜くことではなく、糖質を制限するけど食物繊維は減らさないでね!という意味なのです。ですから、ごはんやパンなど炭水化物をやめる前に、まずは間食などでどれくらいの「糖質」を自分が摂取しているのかチェックしてみましょう。

カフェラテ、缶コーヒー、果物ジュース、清涼飲料水など「何となく」選んでいる飲み物や、空腹を紛らわすためのガムも累積すると糖質は結構な量となります。(「無」「ゼロ」「ノン」「レス」「フリー」などの表示は、含有量が100g中0.5g未満なので、本当にゼロではありません。)
例えばピクルスは野菜ではありますが、その甘酸っぱさは糖質。ドレッシングも同様。そして肉類でも、ソースやケチャップ、たれをたっぷりかけたらやはり糖質が・・・・このように、普段意識していない部分に糖質は潜んでいたのです。まずはここにアプローチしてみましょう。

どうしても主食を減らすことばかりに目が行きがちですが、果たしてこの先ずっと主食を減らした状態をキープできるでしょうか?ずっと主食をやめていたが、ある日パスタを食べたら止まらなくなった、職場で出された弁当を食べたらまた食べ始めてしまった、などよく耳にします。大好きな主食を我慢し続けた結果、ふとしたきっかけでリバウンドするまで食べてしまうのです。ですから主食は適量摂りましょう。体重を増やすことなく、これなら続けられるという自分量を模索しましょう。

糖質制限の本質は血糖値の上昇を防ぐことです。それには食物繊維、つまり野菜やキノコ類・海藻を一緒に摂ることが大切です。タンパク質を増やすことばかりに気を取られ、繊維質がおろそかになっている方が多くいらっしぃます。生野菜なら毎食両手いっぱい分、加熱してあれば片手いっぱい分が適量です。のでこちらもかくれ糖質とともに、一度チェックしてみてください。

< ダイエットとしての糖質制限まとめ2  |  一覧へ戻る  |  ダイエット中の飲み物は? >

このページのトップへ