HOME > ブログ > アーカイブ > 2017年8月

ブログ 2017年8月

ダイエット中の飲み物は?

口を開けば「暑い」という毎日が続いています。水分補給はもちろん必須です。が、飲み物を選ぶとき、意識して選んでますでしょうか?原材料や栄養成分表のチェックはしていますか?
ダイエット記録を拝見しますと、「この食事内容なら体重は増加しないはずなのに、はてな?」と思うことがよくあります。そこでよくよく伺って見ますと食事の中に飲み物は含まれていないと思っていて、記録しない方が結構いらっしゃるのです。飲み物もももちろん、「食事」として扱いますよ。
また「カロリーゼロ」を選んでいるから大丈夫ですよね?「トクホ」だからいいですよね?とおっしゃるかたもいらっしゃいます。
ここで残念なお知らせがあります。カロリーゼロのもカロリーがあるのです。ちなみにカロリーオフのも控えめにも、カロリーはあるにです・・・・・下の表をごらんください。以下の割合ならばカロリーゼロまで言えてしまうのです。ご存知でしたか?カロリーがないと思って毎日口にしている飲み物をまずは表示成分をチェックしてみましょう。

カロリーゼロ、ノンカロリー  5キロカロリー未満(100ML)
低カロリー、カロリー控えめ 20キロカロリー未満(100ML)
カロリー〇%オフ、カロリーハーフなど 25%以上かつ20キロカロリー以上低減
(*何と比較して低い、といえるのかについての情報も記載することになっています)


では何を飲めばいいの?どうやって選ぶの?
ダイエット中なら夏はぜひ麦茶を選びましょう。麦茶はお茶といいながら、お茶の木から作られるのではなく、「大麦」から作られているので、カフェインが含まれていません。それゆえただでさえ不安定なダイエット中に、むやみに神経を興奮させることはありません。また、カフェインはアルコールと同様に利尿作用がありますので、夏場の脱水予防にはなりにくいのです。
麦茶の作り方としては、沸かすと水分中の酸素が蒸発してしまうので、できればパックになっているものを(できれば)浄水で抽出するのがお勧めです。保存は冷蔵庫で、飲むときは常温がベターです。冷たいまま飲みますと、内臓の動きが鈍くなるといわれています。

麦は東洋医学において、「熱毒を除いて、内臓の働きを整える」と言われています。まさにこの季節にぴったりですね。このように、先人の知恵を用いて、からだの内側から涼しくしてダイエット期間を快適に過ごしましょう。

1

« 2017年7月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ